[英語・外国語] リスニングを鍛えるシャドーイング:その効果とは

こんにちは!

今回はリスニングの能力を鍛えてくれるシャドーイングの効果についてお話していきます。

シャドーイングの効果

シャドーイングで鍛えられる能力は音声知覚能力です。

[英語・外国語] リスニングについて知っておくべき基礎知識

2018.02.16

こちらの記事でリスニングのプロセスについて解説していますが、その中で音声認知は一番最初のプロセスです。つまり、リスニングにおいて音声認知能力は一番重要な能力と言っても過言ではないです。

音声認知能力とは、例えば日本語で「犬」と聞いた時に、「椅子」でも「行く」でもなく、しっかり/inu/と聞こえるという能力です。母語ではこの能力は自動化されているのであまり意識したことはないかもしれません。ただし、これが第二言語(外国語)となると話は別です。例えば英語の発音で世界的に特に悪名高い発音は/θ/、つまり”th”の発音です。

こちらの動画を見たことはありますか?

We are sinking!(沈んでいます!)に対して、What are you thinking about?(何について考えているのですか?)と答えています。英語の”th”の発音を使った面白いBerlizのCMです。

話を戻しますが、音声認知は母語ですと当たり前に自動的に行っているので、訓練する必要性はほとんどありません。しかし第二言語の場合、しっかりとトレーニングする必要があります。このCMのように人の命に関わることもあるかもしれません(笑)。

そこで、その音声認知の能力を着実に向上させてくれるのが今回お話している、このシャドーイングというトレーニング方法です。

音声認知能力はただなんとなく聴いたり、リスニングの問題を解いたりしているだけでは一向に身につきません。

シャドーイングを定期的に行ない、音声認知能力を上げ、リスニングを鍛えていきましょう!

シャドーイングの具体的な方法については以下の記事で紹介しています。

[英語・外国語]リスニングを鍛えるシャドーイング:具体的な方法

2018.03.07

リスニング以外の効果

シャドーイングには一般的にはリスニング以外の効果も期待されていますが、現段階では、SLAの科学的研究でスピーキングリーディングなどを直接的に向上させるという実験結果は得られていません。ただし、シャドーイングにはその認知的負荷によりワーキングメモリを鍛えたり、発音を意識して真似することでリズムイントネーションを鍛えられるのではないかという示唆もあります。

シャドーイングに関してはまだまだわかっていない部分も多いですが、外国語を習得する上で効果的な学習方法の一つであることは間違いありません。

シャドーイングのさらなる可能性を胸に、今日もシャドーイングをしましょう!

[英語・外国語] リスニングについて知っておくべき基礎知識

2018.02.16

[英語・外国語] BGMのように垂れ流し。リスニングに意味はあるの?

2018.03.04

[英語・外国語]リスニングを鍛えるシャドーイング:具体的な方法

2018.03.07
ライザップイングリッシュ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA